2006年07月19日

スーパーグルコサミンDXと間接症

スポーツは走る、跳ぶ、投げる、ひねるなど腰、ひざを中心に行います。

その際、自由自在にスムーズな動きがとれるのは、骨と骨をつなぐ役目のある関節のおかげです。

関節の表面を覆っている軟骨がクッションの役割を担って、関節を守っています。

ところが、使いすぎて、軟骨がすり減り、変性してくると、痛みが生まれます。

これが変性関節症です。

対処法としては、今まで鎮静剤や抗炎症剤などの内服薬の服用。

ステロイド剤やヒアルロン酸などを関節の中に注射する関節内注射。

患部の切除や人工関節にするなどの外科手術。

運動療法、装具療法、理学療法など。

これらは一時的に痛みを止めたり炎症を和らげるだけで、根本的に治療するものではありません。

根本的には、すり減った軟骨のクッションを復活させる働きのある主成分プロテオグリカンを生成をコントロールするグルコサミンを摂取することにより、軟骨を修復するのです。

このスーパーグルコサミンDXは、こちら。
posted by madamfusein at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21049712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。