2006年07月29日

軟骨をつくるグルコサミン

関節は、骨と骨とを運結する部分です。

そしてそれぞれの骨の先端は、手足を曲げたり伸ばしたり、身体を動かすときに骨と骨とがスムーズに動かすことができるように“関節軟骨”という軟骨で覆われています。

この関節のおかげで、伸ばしたり、縮めたり、曲げたりなど、自由自在にスムーズな動きがとれるのです。

ところが、なんらかの原因でこの軟骨がすり減ることがあるのです。

これで骨同士が直接ぶつかり合うため、炎症を起こし、そのれを原因に痛みが生じます。

これが『変形性関節症』と呼ばれるものです。

20〜30歳代に無症候的に始まり、70歳までにはきわめて多くみられるようになるようです。

こうなると、自由自在に体を動かすこともできずに、生活にも支障が出て来ます。

「変性関節症」は、関節を酷使するスポーツ選手に限らず、中高年層にも多い病気なのです。

病気的指関節や足首、股(こ)関節、ひざ関節など身体のあらゆる関節に起こるものです。

こうしたことにならないように日ごろから心がけたいのは、肥満にならないこと

肥満は関節への大きな負担になります。

関節を動かす筋肉を鍛えておくことも大切です。

関節を酷使しないよう和式卜イレは関節への負担となるため避けたいものです。

グルコサミンは、体内で合成されるアミノ酸(タンパク質を構成している成分)の一種で、軟骨をつくる原料となっています。

すり減った軟骨のクッションを復活させる働きのある主成分プロテオグリカンを生成をコントロールするグルコサミンを摂取することにより、軟骨を修復します。

このスーパーグルコサミンDXは、こちら。
posted by madamfusein at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。